生活のための蓄え

フリーエンジニアとして働き始める際に心構えとして持っておかなければならないのは、いつ自分の収入が途絶えることになってしまうか予想することはできないということである。IT業界はトレンドの業界であって仕事が豊富にあるとは言われているものの、IT業界は広いことからその中でも大きなトレンドの移り変わりがある。技術の革新も著しい速度で進行していることから、自分の持っている技術が特別に付加価値のないものになる日がいつ訪れてしまうかはわからず、いつの間にかフリーエンジニアとして必要とされていない人材になってしまうこともあり得るのである。そのため、休日等を利用して新しい技術の習得や最新情報の獲得に励まなければならないものの、それを継続していくことは体力的にも気力的にも大変なものになってしまう。しかし、そういった心がけを欠かさないようにしなければ一寸先は闇という不安を持ちながら生活をしなければならなくなる。

一方で、そういった事態に陥ってしまった場合の対策を講じておくことも重要である。仕事が途絶えてしまってもしばらくは生活できるだけの蓄えを準備しておくということが基本的なアプローチとなる。また、結婚相手にそれを求めることも可能であり、結婚相手が安定した仕事に就いているのであればそれに頼って生活していくということもできる。それを見越して結婚相手の条件の一つとすることも、独立して働いていく上では考えておいたほうがいいのではないだろうか。

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です